サラリーな試験場トップへ
豊郷中学校トップへ

豊郷中学校の始業式

サラリーが3年生になったとき・・・それは2008年4月8日のこと。
そこには今までにないクラス替えというものがあった・・・

ということで!サラリーが体験した始業式をかってにリポート!!


朝っぱらから天気は一番始業式に似合わないといわれる雨。それもちょっとやそっと出はなくザーザー降り。
休み明けで学校行くことすら面倒な状態なのに、雨が降っているというのはめんどくさすぎる。
でもそこは学校、行かないわけにはいかない。
雨の降る中、レインコートを着ていてもぬれるのに、しょうがなく行くのであった。


教室

サラリーはいつも朝早く行く習慣があるので、学校には二番のりだった。(一番の人もいつもとおなじなんだけどね)
廊下に新学年で使われると思われる本がおいてあることが、唯一なにか起こりそうな気配を思わせていたけど、それ以外はいつもどおりだった。
朝に来る順番もいつもどおり。メンバーもいつもどおり。話の内容もいつもどおり。これからクラス替えでばらばらになってしまうとはぜんぜん思えないほどだった。
しかし、いつもと違うのはここから。
先生が今日の予定を説明して、すぐに全校朝会があるみたいだ。


全校朝会

こうして長い長い全校朝会が始まってしまった。
まずは新しくきた先生の発表だ。3月31日に離任式で豊郷中学校から出て行く先生の話は散々聞かされたけど、これからお世話になる先生を見るのははじめて。みんな興味津々で話もちゃんと聞けてた感じかな。

その後には担任発表ということで、「何年何組は誰先生です」見たいな事を言っちゃうんだけど、まだクラス発表をやってないから、誰も興味なかったね。あえていうなら、またこの先生のところに行きたいな〜ぐらいにしか思ってなかったんじゃないかな。

自分たちには関係ない担任発表はいいとして、次の校長(クラス替えやるって言い出したあの校長ね)のはなしはなかなか大変だった。
こんなこといっちゃだめかもしれないけど、まずだらだらと話した後に校長。隣においてあったホワイトボードに手をかける。
どうやら、新学期の目標を書きたいみたいだ。早速ペンをもって書こうとすると・・ずるっ・・んっ・・・かけてない。
このホワイトボードは回転式で、ペンを当てたときに固定されてなくて、回ってしまったみたいだ。それを校長が必死でおさええていた。いままでまじめに書こうとしていただけに、みんな笑ってた。そして、ほかの先生が来て、やっとのことで固定していった。まあ、このぐらいのほうが、生徒も注目して、校長の話を聞いてくれるからいい気がするが・・・

それで書いた文字は「人生有事」。まさにいろいろなことがあるとはこのことだ。
その後も校長は何事もなかったかのように話を続けた。

なんだか、この校長の話によって、学校の準備態勢が適当だと言うことがずいぶんばれてしまったものだ。
結局、生徒に「人生有事」の意味が伝わったかどうかはわからない。
ちなみにそのホワイトボードは校長の話が終わると速やかに撤去されていった。

こうして全校朝会は平和なうちに終わったのだった。


クラス発表

朝会も終わってクラスに戻った後、みんなにとって一番関心ががある・・・一番いやだといい続けていたクラス発表がついにくる!
これは普通の紙に名前がびっちりかかれた紙で配られるんだけど、ここにのっているメンバーによってこれから一年間、いや中学校生活が面白くなるかつまらないものになるかが決まってしまうのだから緊張してしょうがないよね。
もちろんサラリーも今までのクラスで楽しくやっていたんだから、3年生のときに誰と一緒になれるかはかなり心配だったんだけど、
みんなが紙をみてがやがや騒いでいる中・・・なかなか自分の名前が見つからない・・・これはだんだんあせってくる・・・もう目に入っているはずなのにみつからない
どうしよう・・
友達とは一緒なのか・・・
そもそも、ぼくの名前が書いてなかったりしないだろうか・・・

そしたら後のほうに配られたはずの友達から、「一緒だよ」といわれてしまった。
ほっとしながらさがすと・・・・・お、あった。
友達のほうは・・・・もちろん一緒。って当たり前のことだけど、なかいい人はかってに一緒になるんだね。

ということでクラス発表はあまり大きな問題を起こさないまま終わった。(この表現はおかしいかもね。)
・・でもわかれちゃった友達も多いけど。


そして移動

クラス発表できまったクラスに移動する。
サラリーは3年3組で、3階にいちいち行かなきゃならないのはちょっと面倒だな。と思ったけど普通に移動。
サラリーたちが行ったときにはもうほかのクラスから生徒がきていた。なんか、女子も男子も知らない人ばっかりでつまらなかったけど、しょうがなく見渡す。
それでしばらくして先生が登場!
もちろん始まったのは自己紹介。これからこのクラスをどうしたいのかとかいいながら、いろいろ説明。
そして時間は過ぎて掃除の時間になった。掃除は今までどおりの2年生のときのやつで、サラリーは外掃除だけど、外は雨だったから教室を掃除する。
新しい掃除場所は決まっていないので、昔の場所を掃除するわけだけど、
そこでは今までのメンバーがいた。

べつにほんの1時間ぐらいしかわかれてなかったけど、なんか懐かしい感じ。もしかしたらひとは時間じゃなくて、気持ちによって懐かしさが決まるのかも。・・・やっぱり新しいクラスよりこっちのほうがいい。いつまでもこの掃除を続けていたかった。


入学式の準備

掃除の次は明日の準備。
ぼくたちの始業式は無事に終わったけど、明日には1年生たちが来る入学式が残っている。
豊郷中学校の体育館はよく分からないけど、普通の上履きでは入っちゃだめで、専用の上履きがある。
でも新入生や保護者は専用上履きを持っていないから、そのための準備も必要だ。しかもみんなが座るためのいすも出さなきゃいけない。ぼくたちの面倒な準備が始まった。

・・・まず専用上履きがなくてもいいように体育館全体にシートを引かなくちゃいけないんだけど、それはまあまあうまくいった。緑色のシートがあるんだけど、ぼくは何もしなかった、(いや、できなかった)みんなが勝手にやってくれたという感じ。
でも問題はイスだし。これは面倒だ。3年生が生徒と保護者の分を全部出さなきゃいけない。しかも、いろんな人が、他の仕事に行っているので、3年生の一部の人だけでだ。結局この時間には2年生分まで、半分ぐらいしか終わらなかった。(というのもみんな飽きてしまったのか、ほとんどの人はサボってた。半分ぐらいしかちゃんとやってなかったと思う)


給食

準備は中途半端で終わっちゃったけどその後は給食。ちょっと一息つける時間。
特に書くこともない。
普通に終わった。


居残り

ここで本当は帰れるはずなんだけど、ぼくたち会場準備係はまだ仕事が残っている。
もちろんイス出し。
こつこつとやっていってやっと全部終わったとき・・・
先生が一言「イスがそろっていないぞーそろえなおし!」
えーーーーやっと出し終わったと思ったのにーーー」

ということでイスを最初から並べなおす。
・・・・これが本当に大変だ。横と縦をきれいにしないといけない。ピシッとそろえる必要があるみたいだ。
いちいち横にロープを張ってまず横を合わせる。その後みんなでいっせいにイスを並べて前のイスと縦に並ぶようにイスを並べる。
これが結構時間がかかったりするもんだ。
そしてどうせみんな座ってまた崩れるんだからいいじゃん。とかいいながらやってると
また先生が「よくみろ!そろってないぞ!」

これにはびっくりした。半分ぐらいやり直したのにまた最初から。もう疲れて今にも帰りたいのにやり直し。
結局最後まで終わるのに1時間半ぐらいはかかってしまった。

つかれた・・・・


こうして始業式の一日は、やっと終わったのであった・・・・・
次回は入学式
ひまな人はまた見てね。

2008/7/11
2008/8/7
豊郷中学校トップへ
サラリーな試験場トップへ


inserted by FC2 system