宇都宮高校トップへ
柔剣道大会


毎年10月に2年生が柔剣道学習の総まとめとして行われる大会。
宇高保健体育の時間が週に4時間がるが、武道の一環として柔道と剣道の学習をする。
入学すると、柔道と剣道のどちらか好きなほうを選んで週に一時間、一、二学年の前半が武道に割り当てられる。つまり一年生の4から10月と二年生の4から10月に武道をやる。ちなみに10月以降は普通の体育の時間になる。

柔剣道大会の日は、2年生だけ午前中の三時間授業になり、お昼をはさんだ午後から大会が始まる。

私は柔道の選択なので、柔道について書くと、一クラス15人チームで、軽量級(52kg以下)、中量級()、重量級()がそれぞれ5人という構成だ。
人数が足りない場合、軽い級から重い級へ移動することは自由にでき、重い級の人が軽いほうへ移動するときは、重い中でも一番体重の軽い人が移動する。

大会は柔道場で行われ、7クラスで7チームあるため、4チームのトーナメントと、3チームの総当たり戦に分かれてそれぞれ1チームの勝者を決め、そのクラスどうしが戦って優勝を決める。
戦いは勝ち抜き戦では授業にならないので、一人ひとりが戦って勝ち負けの数を争う。最後の大将戦のときはみんな正座をして戦いを見なければならない。
戦いは男のぶつかり合いとのことでとても盛り上がり、技が決まったりすると歓声が上がる。

剣道大会も同時開催なので、柔道が終わった後の少ししか見ることができなかったが、東体育館で淡々と行われていた。
それぞれの大会の優勝と準優勝クラスには宇高ノートが配られるので、柔道と剣道で入賞していれば2冊もらえることになる。





宇都宮高校トップへ

inserted by FC2 system